紋章学研究室・研究生記録

公国立中央魔法学園、その旧3棟の奥に位置する紋章学第一研究室。

本日の授業も終わり夕焼けも雲に隠れ夜の訪れを告げていた時間にこの一室では恐ろしく重い空気が漂っていた。

 

「さて、シュー三回生……」

先程入れたばかりのココアを一口、二口。そしてため息も一つ。

目の前で冷や汗を掻きながらなんとか笑顔を作っている学生を見つめてもう一つため息をつき、頭を抱える。

「どうする?今回の件は私の機材をひっくり返したのとは訳も規模も違うぞ」

シューの唯でさえ辛気臭い青い顔が更に青くなる。さっき絞首刑が終わりましたという顔だ。日頃からこのくらい大人しいと今回の様な事もなかったのだろうが。

「せんせぇ……た、助けてくだしゃい……」

残ったココアを飲み干し、頭を抱える。さぁて……どうしたものか。

 

 

さて、ここで事件を振り返ろう。

模範的問題生シューは自主実習室で魔法薬学の課題である巨大化薬を何時ものように期限ぎりぎりまで改良に改良を重ね、自信の納得する巨大化薬ではない何かを作り上げていた。膨大なレシピとレポートを作成して三日寝てないこの男は眠い目をこすりながら実験用植物に薬を注いだ。

案の定手元が狂った男はテンプレート通りに取り乱しピタゴラ的に薬を全て零した。

その結果が……

 

「これ、というわけか」

自主実験室からあふれた植物が窓やドアを破壊しつくし廊下にまで溢れている。

というか未だに成長を続けている。

すべてを放棄してリーンに帰り久しぶりのベッドを堪能したい気分に駆られるがそうもいかない。さて、これをどうするか。

「どうやって証拠隠滅するかっスね」

こいつ教授である私を前にして何故堂々とそんな事が言えるんだ。

「俺の案としては燃やして灰にしてゴミに捨てるとかどっスかね」

「実習室一つ燃やして火事にならないわけないだろう」

まったく、と言いつつも思考を巡らせる。私としてもうちのゼミ生の不祥事を余り大事にしたくないのはある。

「この時間に冒険者に頼むとなると明日になるだろうしな、地道にナイフで切っていくというのはどうだ」

「いやー、斧辺りを使ってようやくじゃねえっスかねこれ」

お世辞にも筋力があるとは言えない我々がそれをやるとなると片が付くのは一週間はかかる。

「手詰まりだな」

「手詰まりっスね」

「帰るか」

「待った待った先生そりゃねぇっスよ先生」

「知らん、私は何も見てない、誰にも相談されていない、ところでお前は誰だ」

「先生!?」

壁に転移魔法陣を描き始めた私を生意気にも羽交い絞めにするどこかの誰か。見たことのないアホ面だ、本当にうちの生徒なのか。

「あ、それだ!先生それっスよ!転移!」

 

……成程、流石うちのゼミの成績一位ルゥ・シュー三回生だ。

 

 

 

 

今回の顛末を書くとするなら、収まるところに収まったというところか。

暴走植物は転移で少しずつ星の外に追放。SPポーション代はシューに奢らせた。

窓と扉と実習室の備品はどうにもならないので事務室にスライムプリンを持って謝罪しに行ったところ。

「ああ、またですか。まあ別によくあることですし」

といったようなリアクションをされた。

そして……。

 

「先生!俺の薬品レシピ知らないっスか!」

「……もしかして実習室に置いてたのか?」

「あ”、っつーっことは……」

そういう事だろうな。と、ココアを飲みつつ宇宙を漂う実験植物と課題レシピに思いを馳せながらまた課題期限に間に合わなかったうちのゼミのトップの課題を手伝わせられるのだった。

スマイル・サーフィス キャラ設定

名前 スマイル・サーフィス

あからさまな偽名という事でトレードマークの笑顔の仮面からスマイル・サーフィス

上っ面の笑顔はっ付けて今日もまたどこかの路地裏をうろついている。

本名エーベルハット・ヴィルヘルム

大罪人の汚名を着せられ本国を追われることになる。

逃亡時顔を剥ぎ、ポーションで少しずつ治す事によって整形、声も同じように。

これによって発声がやや不自由になっている。

 

国家反逆罪の罪で指名手配。

とあるパーティーで貴族をカモにして一儲けしようとしたところ一人の女性と出会い、一つの賭けをして負ける。賭けの代償として一ついう事を聞くことになる。

女性は詐欺師に「私がピンチになったら助けること」と言い渡す、詐欺師はそれを承諾。

ありとあらゆるコネと言葉を尽くしてあっという間に女性の執事になった詐欺師はその過程で女性が第二王女候補だと知る。

他の王女候補からの刺客を始末していくうちに詐欺師は反第二王女派の貴族たちの罠にかかり、吊し上げを喰らう。

同時に反第二王女派の悪行をさらし上げることに成功はするもののこのままでは彼女も不味いと判断した詐欺師は第二王女に自分の事を第二王女を貶めようと近づいた卑劣な詐欺師として国家反逆の罪で指名手配するように言う。

こうして追われる身になった詐欺師は母国の情勢をそれとなく収集しながらリーンで冒険者をしている。

 

中の人「自分で絵を描いてみたいけど絵は下手だしなぁ、そうだ!書きやすいキャラならいいんだ!ついでに悪役ロールも話題だしアンダーグラウンドな感じにしよう!」

位のノリで生まれたキャラ、喋り方がアレなせいでタイピングが面倒くさい。

レアキャラになってる原因の一つ。

タキトゥスの思い出

「おじいちゃんは、冒険者になってよかった?」

 

「そうさなぁ⋯⋯冒険者っちゅうのは悲しいことや辛いこと、たーっくさんある」

 

「儂もなぁ、何度やめちまおうかと思ったことか解ったもんじゃないわい」

 

「じゃがな、心躍る冒険にゃあどーしても敵わん」

 

「山よりもでーっかいドラゴン!死霊のうようよいる遺跡!!そして持ちきれないほどのお宝!!!」

 

「その全てが儂をまた冒険に手招きしちょる!ああ!全くもってどうしようもない!」

 

「じゃからの、タキ坊」

 

「儂は冒険者になってよかったよ」

 

「そっか、おじいちゃんはやっぱりすごいや⋯⋯」

 

「まだ儂のようになりたいか?」

 

「ううん!僕、おじいちゃんよすっごい冒険者になる!」

 

「おじいちゃんより強くなって、おじいちゃんより凄い冒険して、おじいちゃんより凄いお宝みつけるんだ!」

 

「よく言った!こりゃあ儂もまだまだ現役を退けんのぅ!」

 

はっはっは、と笑う二人の声はそのまま夜の山に響いた。

二人を見守るのは、星と月だけだった。

今日も夜が更けていく。

明日を祝福するように。

タキトゥスバックストーリー

子供時代、おじいちゃんに憧れ、メイジを目指す。

しかし絶望的に才能が無く、反面弟は順調にメイジとして成長していく環境で育つ。

血反吐を吐くような努力を続ける中、タキトゥスは選択を迫られる。

それは祖父よりの「お前が魔法を努力で身に付けるのは恐らく無理ではない。だがお前の生涯を全て棒に振ってまでなすべき事か、よく考えてみることだ。」という言葉。

タキトゥスは悩んだ、祖父のような気高きメイジになる。祖父のような立派な冒険者になる。その両取りは恐らく無理だ。努力してきたからこそ分かる壁に圧倒され一人物思いに耽っていたところを吸血鬼グリュンスタッドに攫われる。

完全な吸血鬼としてグリュンスタッドの傀儡になるが祖父たちの助けにより救出される。吸血鬼の血を抜き、吸血鬼としての要素を薄めて日の下でも生きることが出来る様になる。

冒険者としての祖父の姿を見てメイジに拘る事を止め、ウォリアーとして体を鍛え始める。

 

因みに吸血鬼としての適性は異常再生でモドキとなった今でも多少残っている。

日光に当たると凄い速度で日焼けするので日焼け止めクリームが手放せない。

十字架は特に効かない(宗教は持っていなかったため)

ニンニクは食べると食道が爛れる(異常再生の片鱗ですぐ直る)

銀が皮膚に触れると同じく皮膚が爛れる(上に同じ)

カーペイジ初期設定

バロン・タキトゥス・カーペイジ・コーネリウス

よりカーペイジを襲名してカーペイジ二世に

 

不愛想に不愛想を足した不愛想なキャラ、の予定でした。

今ではなんか面倒見のいい兄さんに⋯⋯。

初日で気を張ってた心を溶かされましたからね、仕方ないですね。

ピュアサイコー!

 

 

タキトゥス初期設定

貴族!敬語!耳!

それしか決まってなかったんですがそれはもうにゅるんにゅるん設定が生えてきてこの様です。

吸血鬼になってショタ枠に⋯⋯えー⋯⋯。

 

初期設定と銘打っておきながら最初に作成したキャラだけあって何も決まってなかったりします。

後は大剣持っている獣人キャラっていいなぁ、から普通に獣人だとなんかパンチがきいてないかなと思ってワーウルフのクォーターに。

身長をダイスで決めたのがそもそものあれでしたね。

アルゴ 初期設定

初期設定アルゴ編

旧 アルゴ(苗字無し)

現 バロン・アルゴ・カーペイジ・コーネリウス

 

アルゴはタキトゥスの弟と自分で思い込んでいる。

実際は血もつながらない赤の他人である。

彼は所謂ストリートチルドレンであり、自分の魔法の才能を磨いて魔法学園特待を勝ち取り寮住まいに。この時13歳である。

三年で卒業資格を入手、しかし才能を同窓の生徒に嫉まれて卒業試験で嵌められる。

洞窟にてオーガとゴブリンに囲まれ、九死に一生というところでオーガの討伐依頼を受けたタキトゥスに助けられる。

眼帯はその時の怪我が元になっている。

その時にタキトゥスに陶酔し、魔法学園を卒業した後はリーンにて冒険者になる。

そしてタキトゥスの弟を自称し(本人は初めから弟だったと思い込んでいる)ストーカー行為を働く。(その時の名残でハイディングがパッシブである)

タキトゥスに「なんでそんな後ろの方にいるんですか⋯⋯」と注意を受けてからはストーカー行為をやめタキトゥスに振り回される日々を過ごしている。

 

尚、この設定はPLが「いや、ノリに反して過去が重すぎる⋯⋯」と思って二日くらいで破棄しました。